性別の関係

私たちは普段の生活で多くの人と関わることがあります。
その関わりの中で親しくなったり、逆に疎遠になったりすることもありますよね。
そしてその親しくなった人のなかで時に友人以上の好意をいだいてしまうことがあります。
それが恋愛と呼べるものでしょう。

恋愛を経て家族になったりそのまま年をとってしまうという人もいますよね。
それはその人の生き方なので他人が口出しするようなことではありません。
しかしそのような常識とされている中でも、ときに常識を脱するようなことが起こることもあります。
例えば同性同士が愛しあうということですね。

本来恋愛というのは異性を好きなることを指します。
その好きというのは人間的な好きというものとは少し違い、異性として好きという限定的な感情です。
それを恋愛感情と呼びますよね。
その恋愛感情がときに自分と同じ性別に向けられることもあるのです。

このような同性の恋愛で女性同士のものをレズビアンと言います。
レズビアンは女性が女性を好きになること。
そして自分は女性しか好きになることができないという人のことです。

レズビアンは他人からみるとふつうの女性ですよね。
しかし同じレズビアンの人としか恋愛することができないでしょう。
そんなときに出会いはどのようにして起こるのでしょうか?

異性との出会いは普段の生活でも多々あります。
女性が男性を好きになる、そして男性が女性を好きになることは常識的なこととされていますから出会いは偶然でもその後の流れにはどちらかの意志が働き必然的なものになるでしょう。
しかしレズビアンの恋愛対象は自分と同じ女性です。
そんなの中で普通の出会いをしていてもパートナーとの出会いは生まれませんよね。

ここではレズビアンの女性にスポットを当てながらその詳細についてご紹介しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加